IT派遣営業マン「テル」のビジネス&ライフ情報

IT派遣営業マン「テル」が知り得た情報を共有するブログ。知っておくと得するけど、知らないと損をする情報満載!

≪高齢者住まいに空き家活用!? 新制度、改修費や家賃補助!≫

高齢化社会の中で、新たに問題となっていることがあります。



それは、高齢者への賃貸物件の問題です。



どういうことかと言いますと、貸主側が高齢者の家賃滞納や孤独死のリスクを恐れて、賃貸することを拒むケースが増えているということです。。



残念なことではありますが、貸主側からすれば気持ちはわからなくはありません。。



しかし、日本の家族のあり方が多様化し、今後ますます一人暮らしの高齢者は増すばかりですから、この問題に対応していかねばなりません。。



そのような中、政府が自治体と連携して対策に乗り出したようですよ。



それは、もう一つ日本の新たな課題である、空き家問題を上手に活用しよう!というものだそうです。



どんな対策なんでしょうかね?!



早速、見てみましょう。



日経のこちらです。



高齢者住まいに空き家活用


新制度、改修費や家賃補助



   賃貸住宅への入居を断られやすい単身高齢者や低所得者向けに、空き家や空き部屋を活用する新たな制度が25日から始まる。所有者に物件を登録してもらい、自治体が改修費用や家賃の一部を補助するなどして、住まい確保につなげるのが狙い。政府は2020年度末までに全国で17万5千戸の登録を目指す。








 65歳以上の単身世帯は15年の601万世帯から、35年には762万世帯に増える見込み。だが単身高齢者や所得の低いひとり親世帯などは、賃貸住宅への入居を希望しても、孤独死や家賃滞納のリスクがあるとして、断られるケースが多い。


 一方、全国の空き家は820万戸(13年度、総務省調査)で20年前の約1.8倍に急増。このうち耐震性があり、駅から1キロ以内の物件は185万戸に上る。


 新たな制度は、4月に成立した改正住宅セーフティーネット法に基づき、空き家などの所有者が賃貸住宅として都道府県や政令市、中核市に届け出る。登録条件は(1)高齢者らの入居を拒まない(2)床面積25平方メートル以上(シェアハウスは専用部分9平方メートル以上)(3)耐震性がある――など。自治体は登録された物件の情報をホームページなどで入居希望者に公開。物件が適正かどうか指導監督したり、入居後のトラブルに対応したりする。


 耐震改修やバリアフリー化が必要な場合は、所有者に最大200万円を助成。低所得者の家賃を月額4万円まで補助したり、連帯保証を請け負う会社に支払う債務保証料を最高6万円助成したりする仕組みも設けた。


 このほか入居者のアフターケアとして、高齢者らを福祉サービスにつなげる役割を担う社会福祉法人やNPOを「居住支援法人」に指定。同法人や自治体で構成する居住支援協議会を自治体ごとに置き、物件探しや入居者とのマッチングも行う。



いかがですか?



これは良いアイデアですよね!?



上手く活用すれば、一石二鳥ですよね!



こういうことに税金を活かしてもらうならば国民も納得できますよね。



世界で一番高齢化が加速している日本のこのようなモデルケースは、世界の手本になることができるのではないでしょうか。





人気ブログランキング



 にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村


テル id:teru3
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。